弾き語りのコツってあるの?

弾き語りのコツってあるの?

カッコよく弾き語りをしようと思ったのに、難儀している方も多いと思います。確実に弾き語りをマスターするには、まず歌かギターどちらかに絞った方が効率よく練習出来るでしょう。それでは具体的なステップを挙げて解説していきます。

歌とギターは分けて練習する

弾き語りは歌いながらギターを弾かなくてはなりません。歌もギターもそんなに覚えていないのにいきなり弾き語りをしながら進めていくと時間がかかってしまう事があります。

まず初めは歌の方を練習して、弾き語りをしたい部分はふとした時に何かをしながらでも口ずさめるぐらいに覚えましょう。

それから、音楽をかけてコードチェンジのタイミング等を頭の中でだいたい想像しながら聴いてみて、ギターの練習に移ってみてください。

カッコよく歌うコツ

まずは曲を覚えましょう。曲の流れが掴めたら、歌の練習をしてください。

カッコよく歌うコツがいくつかあります。

まず単語の頭文字はあまりぼやぼやし過ぎないようにした方がいいと思います。

そして私やあなた、君などの人称はより目立たせた方が説得力のある歌い方になると思います。

あとはどこからクレッシェンドをかけるか、アクセントをつけるか、出来れば歌詞を書いた紙などにメモしているとより本格的に練習できます。

曲のストーリーを考えて、景色や主人公の気持ちを理解して声や音量にメリハリをつける事を意識して何度も歌ってみてくださいね。

ギターの練習

歌の完成度がかなり高まってきた頃でギターも練習していきましょう。

まずは曲の流れと共にコード譜を見ながらコードチェンジのタイミングをチェックし、ストロークパターンも大方決めておきます。

たまに1拍ずつでコードが変わっていることがあるのでここは注意しよう、とかここはブリッジミュートで、等の弾き方パターンも軽く頭に入れておいてください。

それが終わったら口ずさみながらコードを弾く反復練習です。諦めずに頑張ってください。

もしそれでも全然ギターの方がついてこれない、ギターに全然慣れてない超初心者の方向けにもうひとつのステップをご紹介します。

まずは弾けるコードを2つ以上用意します。

そしてその2つ以上のコードを好きなタイミングでコードチェンジして様々なストロークで弾けるようになってください。

パッとコードチェンジすることと、ちゃんと音を出すこと、それらを片手間に演奏できるぐらいギターに慣れてないと弾き語りは難しいです。

ですが自分の弾けるコードで練習すれば弾き語りをいきなりやるよりは時間がかからないと思いますので、続けてみてくださいね。

歌とギターをシンクロさせる

歌もギターも練習し終われば本格的に歌いながらギターを弾く練習です。

ここまで来ると結構完成に近いと思いますが、最後の磨きをかけていきましょう。

弾き語りで大事なのは歌とギターのバランスでもあります。あまり声が小さすぎても、ギターが小さすぎても上手に聞こえません。

そして更にカッコよく弾き語りたければスマホなどで自分の弾き語り動画を撮って、姿勢や表情まで細かく作り上げる事が出来れば脱初心者ですね!

ギターを弾く時は体に力を入れすぎず、傾いたり前屈みにならず普通に座った状態にギターを持った楽な姿勢が弾きやすいです。

ギター自体を覗き込むあまりギターを上向きに傾けてしまうと弾きにくく、カッコよくありません。

コードが押さえにくい場合は手首の角度が問題かもしれません。力をかけ過ぎたり手首を前に突き出し過ぎたりしていると腱鞘炎になってしまいます。少しでも痛んだり痺れるようならすぐに練習を休んでください。

ちなみに左手の親指はネックの裏の真ん中〜手の大きい方は少し上あたりに置いておくといいと思います。

まとめ

いかがでしたか?弾き語りは歌→ギター→仕上げというステップを踏むことで完成度の高い弾き語りをサクッと仕上げることが出来ます。

そしてもうひとつ大事なのはあまり完璧を求めすぎないことですね。もし弾けないコードがあったらそこをカッティングにしてみたり、弾かない手もあるという事です。

弾き語りはとっても楽しいので、練習頑張ってください!ありがとうございました!