弾き語りを始めるならピアノとギターどっちがおすすめ?

弾き語りを始めるならピアノとギターどっちがおすすめ?

弾き語りを始めるならピアノとギターどちらがおすすめか?音楽未経験の方にはピアノをおすすめします。

ピアノ(キーボード)のいいところ

鍵盤が88鍵以下の電子的楽器をキーボードと呼びます。なかなか初心者でピアノを買うところからスタートするのは難易度が高いのでキーボード前提でお話していきます。

まずピアノの最大のおすすめポイントは鍵盤を押せば誰でも簡単に音が出せるところです。

高い音も低い音も、思うように奏でられます。

そしてキーボードの種類によりますが音色もバリエーション豊かで曲の幅が広がり、より原曲に近い音で演奏することが可能です。

1オクターブあげるのも簡単ですし、電子楽器はチューニングも狂いませんのでやりたい時に準備で時間を取らずにいつも同じ音で練習出来るとことが出来ます。

ギターのいいところ

弾き語りをメインにするのであればアコギを購入する事になると思います。アコギは1万円以下で色も形も豊富な種類が揃っているところがいいですね。

そしてボディを響かせて鳴らす楽器ですので、右手の練習をすればするほど良い音を出せる楽器です。奏法も様々なのでやり込み要素が多いです。

ギターは軽くてケースに入れて背負えるので持ち運びは非常に楽です。電源もいりませんし、手軽にどこでも楽しめます。

ピアノかギターどっちに向いているか

どちらかを選び一生それで弾き語りしないといけない事など無いのですが、失敗したくないと思う気持ちは分かります。

初心者の方ならピアノからがいいんじゃないでしょうか?10本の指を全て音に使えるのは鍵盤楽器の特権です。

普通のギターはどれだけ頑張っても同時に鳴らせるのは6音までなのです。それに音を鳴らすとき左手はコードを押さえたり何かと忙しいです。

挫折しやすいので、そんな事になるならピアノをおすすめしたいです。

まとめ

弾き語りを始めるならピアノがいいのではないでしょうか?鍵盤楽器は非常に歴史が深いので出回っている情報量も桁違いです。良かったら参考にしてみてください。